火災保険でリフォームできるの? 

​家は一年中自然からの刺激に耐え続けてくれています。雨や雪、風、太陽の日差し、地震などから私たちを守ってくれているのです。

そんな家のお手入れ、火災保険を使ってしてみませんか?

「火災保険がおりる」といえば、火事を連想する方が多いと思います。でも、火災保険がおりるのは火事の時だけではないのです。​自然災害にも火災保険は適用されます。

​意外とみんな知らない

火災保険は自然災害にも適用される場合が多くあります。そのことを知らない人が意外にも多いのです。

北海道に多いのが雪害。雪の重みで歪んだ屋根や、そこから中に水が入り込んだ際にできた水漏れ跡も火災保険が適用されるケースが多いです。

また、強風により曲がってしまったアンテナも、風害となり適用されることがあります。その他にも水害、落雷による破損など、火災保険が適用されるケースは幅広くあります。

意外と多くの場所に適用されているため、「こんなところにまで火災保険がおりるんだ!」と驚く方がたくさんいらっしゃいます。

​実際に火災保険で直した事例をご紹介します!!

​火災保険の使い方

1.保険会社、又は代理店へ被害の報告

2.契約者立ち合いのもと被害現場の調査

3.必要な書類・写真を提出

4.保険金支払い

​保険料について

火災保険を使ったら、保険料が上がるのでは?

​と心配されている方もいると思います。ですが火災保険は、車などの保険とは違い、等級制度がないため、保険金の支給を受けても

​保険料が上がることはありません!!!!

​また、何度申請してもあがることはありません!

​みなさんも家が壊れてしまった場合は火災保険を有効活用しましょう(^-^)

今年実際にやった火災保険リフォームの事例集です。

ぜひチェックしてみてください。

気になることや、​わからないことなど、何でもお気軽にお問い合わせください☆